スポンサードリンク

2007年07月18日

世界の高級ブランド腕時計

セイコー、シチズン、カシオ、オメガ、ロレックス、ホイヤー、フランクミューラー、ブルガリ、カルティエ、オーデマ・ピゲ、コルム、ショパール、ブライトリング、チュードル、ロンジン、ラドー、ティソ、オーリス等々腕時計のブランドは世界に数多く存在します。

ただ時間さえ知ることが出来ればいいなら、千円以下の腕時計もありますし、こだわれば、何千万もする腕時計もあります。

携帯電話の時計を使えば、腕時計を使う必要もありません。

腕時計には、現在の時刻を表示したり、計測する機能と、ファッション性という二つの役割があります。

特に男性は、腕時計の機能にこだわり、女性は腕時計のファッション性にこだわる傾向があるように思います。

日本人は、とかくブランドが好きです。
いわゆるブランド時計の人気は、根強いものがあります。
みなさんも、ブランド時計をお持ちの方は多いんじゃないでしょうか?

最近は、日本製の腕時計も健闘しているようですが、やはり海外のブランド腕時計の方が人気があります。

海外ブランドのメーカーは、時計造りの歴史もあるし、何より時計のデザインがそれぞれブランドごとに確立されていて、カッコイイですね。

たとえばロレックスは、100年くらいの歴史を持つスイスの老舗腕時計ブランドですが、時計のデザインは基本的にデビュー当時から変わっていません。

こんなに長い間モデルチェンジせずに、世界的に売れ続けるって凄いことだと思います。
まさに定番中の定番ですね。








posted by 腕時計 at 11:11 | 日記

2007年07月17日

スイスの高級腕時計ロレックス

腕時計は、長くその精度と技術力が世界のメーカーによって競われてきた。

そして、圧倒的な精度と安価な価格で世界を驚かせた日本の腕時計が世界を席巻した時代もあった。

しかし、現在はというとみなさんもご存知のとおり日本のメーカーの影はうすく、ロレックスなどのスイスの高級腕時計らが注目を集めている。

どんなことにも起こりうることであるが、復古主義というか技術が行き着くところまで一旦行き着いてしまうと・・・人々は今度は郷愁というかなつかしさ、熟練度、こだわりなどを求め始めるのだ。

クォーツ腕時計の出現で壊滅的な打撃を受けた高級腕時計ブランドは、これまでに大胆な工程の機械化などコストダウンに取り組んできた。

そのため、以前よりは安価な価格で同質のものを生産できる体制へと変貌していった。

しかし、機械式腕時計の場合は最後のパーツの組み立ては人がしなければならない。

そこでブランドやメーカーごとに熟練度が求められ違いも出てきた。そのまさに血の通った技術が人々の心をひきつけてやまないのであろう。

日本は、技術力で世界一になったが、その影で機械式腕時計を製作する熟練工は淘汰されもはや国内にその創り手がいなくなってしまっていた。

さらに、アジア各国が安価な価格で腕時計を供給するのに太刀打ちができる状況でなく、劣勢に立たざるを得なかった。

日本は自分のつくったクオーツ腕時計で自分の足元をすくったと評されることが多いがそれはあながち間違いではないだろう。
posted by 腕時計 at 11:28 | 日記

2007年07月16日

日本が誇るセイコーのクオーツ腕時計

腕時計における日本メーカーの健闘は賞賛に値するものだろう。

世界的な高級ブランドという意味ではスイスなどに劣るかもしれないが、とりわけ技術力の高さについては高く評価されてきた。

機械式を凌駕し、世界を席巻していったクオーツ腕時計も、技術力の高さを世界に示した日本の真骨頂といえるだろう。

そんな日本の腕時計の歴史は、1913年に服部時計店(現、セイコーホールディングス株式会社)が国産初の腕時計「ローレル」を発売したことがはじまりだ。

特に、戦後、日本の時計技術は確実に進歩を遂げセイコー、シチズン、カシオなどの国内メーカーがスイスなどの高級腕時計と比べても遜色のないくらい精度の高い腕時計を次々に市場に発表している。

特に、その技術力の高さを語る話としては、1964年の東京オリンピックの時にさかのぼる。

このアジア発のオリンピックの公式計時機器として、海外メーカーを抑え、堂々とセイコーの機械式ストップウオッチが採用されるに至った。市場関係者がどんなにこれを喜んだか想像に難くない。

これが日本製時計が世界的に認められるようになる大きな契機になったという。

posted by 腕時計 at 11:25 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。